本気でAGAを克服したいのなら

ハゲ治療は保険適用外となります。そのため治療方法によって費用の差がかなり出てくる場合があり、試しにハゲ治療をやってみようという手軽な感じではないのが現実です。ではどのくらいの費用がかかるのか大体の目安の金額を挙げてみましょう。ハゲ治療には欠かせないのみ薬のプロペシアは1か月分で1万円ほどかかります。

個人輸入だと少し安く買えます。しかし、思わぬ副作用がありますから処方薬が安心です。また血行を良くする効果のある育毛剤や塗り薬のミノキシジルは1か月で8千円ほどです。これらのような内容でかかる1か月の費用は一般の皮膚科だと1万5千円、専門クリニックだと倍くらいの3万円くらいになります。

専門クリニックの費用がダントツで高くなりますが、一般の皮膚科はAGAの進行を遅らせるというのが目的なのに対し、専門クリニックは発毛が目的なので、効果は歴然です。1年で40万円という高額治療にはなりますが、本気でハゲを克服したいのならなんとか治療を受けたいものです。全額負担ではありますが、場合によっては税金の控除をしてもらえる医療費控除が利用できます。

医療費がある一定の金額を超えた場合に利用できるもので、ハゲの治療にも使えることがあります。医師の診断を受け、処方箋が出ていれば対象となることが多いので、治療する前に対象になるかどうか問い合わせてみるといいかもしれません。ちなみに通販など個人で手に入れたものなどは対象外になります。

M字はげ 治療 病院